血圧が高いときの対処法として副作用ゼロで血圧を正常値に戻すことは可能か?

血圧が高いときの対処法として副作用ゼロで血圧を正常値に戻すことは可能か?

血圧が高いときの対処法には様々な方法があります。

 

一つは血圧を下げる治療薬を服用して血圧を
下げるという方法です。

 

もう一つは食事と運動によって血圧を正常値まで
戻すという方法です。

 

どちらの方法が短期的に効果があるかというと
血圧を下げる治療薬を服用する方法です。

 

どうしても緊急で血圧を下げたいというときには
治療薬を使うという方法が優先されてしまいますが
これには大きな欠点があります。

 

それは薬全般に言えることなのですが、副作用が
発症するリスクがあるということです。

 

なぜ副作用が起こるかというと、体本来の機能を
化学薬品である薬によってバグらせてしまう
という恐れがあるということです。

 

実は私は高血圧にかかったときに治療薬の副作用
で悩まされたことのある人間です。

 

そもそも高血圧になってしまった理由は、生活
習慣にありました。

 

私はかつて、重度な喫煙家であったため、毎日
タバコ3箱を空けてしまうほどの量のタバコを
吸っていました。

 

どうしてもストレスが溜まるとタバコを吸って
ストレスを解消するという生活をしていたので
ストレスがある限りタバコをやめるのは不可能
という状況でした。

 

とくに仕事での人間関係のストレスが酷く、
タバコだけでストレスが解消できない場合は、
暴飲暴食をするという方法でストレスを解消
していたときもあります。

 

こんな生活を送っていたことが原因で、ある日
心臓がバクバク鼓動し、激痛が走るという症状に
襲われました。

 

このときは緊急事態であると感じ、医療機関に
あわてて掛けつけました。

 

診断結果は重度な高血圧による心筋梗塞でした。

 

放置していては危ないということで血圧を下げる
薬を処方され、様子をみるように言われました。

 

それからしばらく血圧を下げる薬を飲んで、
無事血圧を下げることができました。

 

しかし半年程経過した時点で、こんどはめまいや
立ちくらみが発症するという別の症状に悩まされ
ました。

 

再度医療機関に診察にいったのですが、血圧を
下げる薬の副作用の典型的な症状であることが
判明しました。

 

私はこのとき、薬の副作用の恐ろしさを実感し、
薬に頼らずに治療をする方法についての重要性
を痛感しました。

 

これをきっかけに高血圧の薬を下げる薬を
中止し、血圧が高いときの対処法には事療法と
運動療法だけで実施するのが最良の方法である
ことを知りました。